about us

「運動神経がなさすぎて、ジムに行けない」という人にこそ、ピラティスを始めて頂きたいです。



オーナーインストラクター/岡崎亜紀

 

子どもの頃から運動が大の苦手でした。姿勢が悪く、肩こりと腰痛に悩まされ続けていました。しかし、ピラティスに出会ったことで、数々の不調から解放されました。この素晴らしい経験をお客さまにお伝えします。

 

2012年にインストラクター資格取得。その後、兼業インストラクターとして研鑽を積む。2014年に長年勤めた広告制作会社を退職。同年4月より専業のインストラクターとして本格的な活動を開始。2016年から1年間をかけて、ピラティス氏から直接認定を受けた、ロリータ・サン・ミゲル氏による「Lolita's LegacyTM」ティーチャートレーニングプログラムに参加。2017年4月、ピラティスアパレイタス(マシン)を完備した本格的なピラティススタジオをオープン。


My history

小学校の頃

運動がキライで、体育の成績はいつも「2」(一番低い点数)。体育のある前日は、「台風が来て学校が休みになりますように」とお祈りをして寝る日々。小学校の同窓会で担任の先生にピラティスのインストラクターをやってることを報告したら、「プールで溺れるし、跳び箱とばれへんし、逆上がりもできへんあんたが!!」と爆笑される。

中学生の頃

品行方正で学校の成績の上位にいたにも関わらず、公立高校を受験するならランクを落とすことになるほど体育の点数が低く、担任の先生に呆れられる。もちろん帰宅部。

高校生の頃

体育の成績のせいで私立専願で入学。ゆるくやさしい学校だったので、体育の授業はただジャージを着て友達をしゃべるだけの時間になる。そして、体重がどんどん増加。高校1年生の終わりには149cmの身長で50Kgを超えてしまう。

大学生の頃

 身長147cmで50Kgオーバーという残念な状態で人生の一番可愛い時期をすごす。写真はもちろん嫌い。これは奇跡的に残ってた写真。

20代中盤

ようやく体重は50Kgを切るようになるものの、体脂肪率は30%オーバー。会社の健康診断で「軽度肥満」の烙印を押される。この頃の服は、全てAラインのワンピース。久しぶりに会った友達に「赤ちゃん?おめでとう!」と満面の笑みで祝福される…。

30代前半

この頃から、肩こり、腰痛、ふくらはぎのムクミに悩み始める。毎週、80分のマッサージが習慣になる。年間のマッサージ代が20万円を超えてくるが「そういうものだ」とあきらめてしまう。

30代中盤

ひょんなことから、ジム通いを始める。まともに運動することが無かったため、筋肉痛にうなされるが、徐々に体重と体脂肪率が減り、肩こりや腰痛が気にならなくなる。周囲からも「やせたね」って言われるようになる。ぼんやりと「カラダを動かすことの素晴らしさを人に伝える」ということで社会に貢献できないか?と考え始める。

30代後半

ジムに通い続けても、お腹周りがなかなか引き締まらなかったため、どうしたら良いかネットで調べつづける。そんな時、ピラティスのインストラクター養成コースを見つけて説明会に参加。肩こりの原因をロジカルに説明され、衝撃を受ける。「これを世の中に伝えなければ!」という強い思いのもと資格を取得。2年後には退職し自宅開業に至る。

40代前半

お客さまも徐々に増え、ピラティスの可能性を再認識するものの、どうしてもマットピラティスだけでは解決できないお客さまの状況に歯がゆい思いを抱くようになる。悩みに悩んだ末、本来のピラティスを学び、環境を整える決意を固める。

2012年:

・FTP Mat Pilates Basic Instructor

2013年:

・FTP Mat Pilates Basic Plus Instructor

2013年:

・日本コアコンディショニング協会ベーシックセブンインストラクター

2015年:

・日本ストレッチング協会認定ストレッチングトレーナーセルフ

・GRAVITY Group Instructor

・からだスキャンセルフマッサージインストラクター

日本ストレッチング協会認定ストレッチングトレーナーパートナー

2017年:

・Stretch-eze®︎オフィシャルトレーニング終了

・Lolita’s Legacy™️ 認定ピラティスティーチャー

2018年:

・PfilAtes™認定インストラクター